So-net無料ブログ作成
検索選択

岂能輸vol.057 2月23日(水)の在宅酸素生活 退院後初の肺外来 [豈能輸]


 岂能輸

負けるもんか

岂能輸vol.057 2月23日(水)の在宅酸素生活 退院後初の肺外来       2011/02/23

#nyun630 8時起床。枕元にバンビくんを置いてたので、つけてから活動した。それでも、尿瓶して直後計測で、血中92。朝は寒いし、血行が結構悪いのだなあ( ꒪⌓꒪)。
08:14:15

病院で低血糖対策で看護婦さんからいただいていたブドウ糖顆粒は10g。計算すると40Kcal。けさの自力低血糖対策はカロリーメイト20g。パッケージによると100Kcalに相当する。即時の吸収率を考えるとこんなもんで止むを得ないか?>世の管理栄養士殿
08:20:05

さて、朝食活動開始!ダンボの出番だよ!
09:17:47

朝食:辣椒酱煮凤尾虾盒饭。我还是不善于吃煮南瓜,不过吃完啦!/エビチリソース煮弁当。かぼちゃの煮付けはやっぱり苦手だけど、完食したよ! http://twitpic.com/42qejw
10:08:13

昨日発注した酸素ボンベ2本、只今届きました。表にだしておくとお伝えしたけれど、在宅と知るや、部屋の中まで運び入れてくだすった。ありがたい事です。こういうさりげない事で(T ^ T)くおじさん。笑えよ。
10:17:36

blog 630おじさんの学習帳:So-netブログ http://t.co/NeVicLH ~岂能輸(負けるもんか)vol.056 2月22日(火)の在宅酸素生活 アップしました。23日は肺内科医の外来に行ってきますよ!
10:59:27

いざ、外来に向けて出発
11:40:47

沖に気をつけるさ! ☜意地になってる
RT @k 沖を漬けてね~(=^_^)/
RT @ne630: いざ、外来に向けて出発
12:58:55

内科で待つ間の検査と食事の関係を問合せた。血液検査は空腹時がよいとのことで血液検査を優先した。

病院到着後、血液検査7cc。相変わらず針挿入を直視できず。

入院していた病棟に上がり、体重測定してみた。64.1kg。退院時より2kg痩せていた。

病院売店にて俵型おにぎりの唐揚げ弁当と鮭おにぎりを購入。表のベンチで食事。

胸部X線写真撮影した。

内科処置室で酸素ガス供給受けるも、診察待ちでは安静なので、外し、処置室のベッドに座り待たせてもらった。

診察が迫り、内科待合室に移動しジャンパーと毛糸の防寒品を脱いだ。

肺担当医師との面談(診察) X線写真の結果:胸部のもやもやが薄くなっている。肺機能の復活は無いので、手帳申請の意見書は書くとおっしゃった。

生保受給による免除開始の4/21を伝え、年金受給用件発生のための初診日について説明した。

7月15日CT検査のブログ記事について話すと、7月8日のレントゲン検査のほうの日付が初診日であると、カルテを確認しお話しされた。

障害者の級について市役所の説明を伝えた。肺担当医師は、呼吸器の場合は3級か1級の場合が多く、2級はないとの説明を受けた。

私から3級と2級では障害者年金のあるなしがあって、生活設計上大きな差があり、大脳動脈瘤、網膜静脈瘤破裂などを加味できないか尋ねた。

医師による障害者判断は、それぞれの症状によるしかないので、他の疾病を加味する制度になっていないので、お気の毒ですが、3級から出ることはありえない。上の1級の認定でも相当重篤な人工呼吸器状態などでも難しい程である。と、医師の説明。

今の制度、今の私の症状では障害者年金のほうは無理という限界が判った。ただ、初診日が将来、年金申請が可能な日限だったことは、ほっとする。病状が悪化することは望まないが、やむを得ず進行した場合でも、家を処分するなりした場合、生保から切り離されても生きていける糸口が残されたことは、幸いと思わねばなるまい。
治療方針について。ステロイド剤は減らす方針。現状の一日6錠から5錠に減らす。バクター(抗生剤)を感染予防で新たに処方。さらにフォサマックで骨を丈夫にしてステロイドの副作用の骨粗鬆症に備える。

私から便秘薬の処方をお願いした。

手帳申請の意見書や等級基準の資料は、直接医師ではなく、窓口を通して渡して欲しいとのことなので、従った。なお、意見書記入のために肺活量検査が必要なので、肺活量検査を指示された。

肺活量検査のため心電図室に行き待つ間に、ジャンパーと防寒品を、内科に忘れたことに気づき、取りに戻った。それだけ暖かくなったということか、叔叔がボケたってことか^^;

肺活量検査。3410cc。パーフェクト!100%達成。基準値ドンピシャとのこと。

昔の肺活量検査はこれだけで終ったが、今はさまざまな検査がある。肺の容量だけではなく吐く勢いや、速度、酸素(一酸化炭素に置き換えて)の吸収率?など、多岐にわたった。検査機器はさながらスターウォーズの戦闘機の武器のように持つ場面もあり、ゲーム感覚で楽しかった。

病院内のすべきことが全て終り、院外薬局に向かった。新しい薬を受け取った所で、睡眠剤が処方されていないことに気づき、内科にもどり、再処方をお願いした。受付を通し先生も了解してくださり、退院時と同じ薬が処方されることとなった。ところが、こんなこともあるんですね。当時処方された安眠剤の薬名の記入がカルテになく、患者の私に聞いてくる場面があった。

病院内は電波が入らないのでブログに問合せることもできなかったのだが、院内処方局からの薬だったことを思い出し、院内のしらべでことなきを得た。

これであらためて院外薬局に向かうことになるのだが、病院を出る直前に診察券IDカードを受け取ってないことに気づき、内科受付に戻り、受け取った。

薬局で安眠剤を受け取り、本日の病院・薬局での診療系は全て終った。

23日昼飯推進論者 饭团子和油炸鸡块/おにぎりと唐揚げ http://twitpic.com/42ztpa
04:54:56

晚饭 回转寿司十盆 900日元/回転寿司10皿900円/因为今天测量体重,两公斤减。所以我能吃多一点!/今日体重測ったら2kg減ってたのでちょっと多めにたべました http://twitpic.com/42zz9m
05:06:29



zehehehe-.gif
お薬、あと一品なんだっけ?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。